ビジネスモデルの大転換

アースデイ倶楽部とは、ビジネスモデルの大転換です。
目指すのは、オンライン完結。
さらに、ライフスタイルや、助け合い精神もうったえます。

お問い合わせはこちら

①アースディ倶楽部とは

アースデイ倶楽部とは、
アースデイそのもののプロジェクトです。

アースデイ倶楽部とは、ビジネスモデルの大転換です。
さらに、ライフスタイルや、助け合い精神もうったえます。
目指すのは、オンライン完結。

SNSコンテンツ(アースデイ倶楽部 共同デジタルブック事業)みんなの力を持ち寄って、環境系電子ブックをつくる活動が始動しています。

みなさんが自分の住んでいる地域で行われているエコな活動のレポートを集めて 書籍化し、お金が回る仕組みを生み出します。

②アースデイ倶楽部発足のきっかけ

コロナウィルス問題の収束を皆願ってますが、
もし収束しなかったら?

オンライン完結のビジネスモデルを構築したい。

従来通り物販や、イベント、
お店のビジネスにたよらずに出来る事は何かな。

電子ブックは仕入れもいりません。
資本がなくても何とかなるかも。

③アースデイについて


1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言、アースデイが誕生しました。 学生 運動・市民運動がさかんなこの時代に、アースデイを通して環境のかかえる問題に対して人々に関心をもってもらおうと、それは当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏による、全米への呼びかけへとつながりました。

そうして、1970年の最初のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現する アメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなりました。

リンク

④ロハス雑誌「ナチュール」とは

ロハス雑誌natureは、過去15年の間の雑誌発行の中、多くのアースデイの記事を取り上げてきました。

natureのオンライン電子ブックサイトは、過去のnatureの人材や人脈の財産からも 記事の編集、販売が可能で、その事自体が、サイト全体の売り上げになり、 新規参加される方への配当にも影響があります。

つまり、1人で環境をうったえる電子ブックを作って販売してもかなり厳しい 販売も、アースデイ倶楽部なら、皆でやる事で、拡散が広がり、個々の収入にも 支援ができます。

うったえたい事は、多くの人が共通しています。
もちろん、最大のテーマは 地球環境問題に繋がる事です。

リンク

⑤協賛者

(株)アースメディア
(株)アーストリビューン
一般社団法人JWC

⑥ドネーション募集

活動している方への寄付をしていただけるとありがたいです。
寄稿、資料提供者へのお礼、WEB更新費、運営費、コンペの賞金、会議費等の経費などに使わせていただきます。

寄付はこちらから

⑥求人募集

地方特派員(ライター)として関わりたい方

地元でエコな活動をしている方のレポートや 自身の活動など 環境マガジンにぴったりの記事がありましたら 是非挑戦してみてください。

SNS拡散の協力で関わりたい方

出来上がった電子書籍やレポートの拡散にご協力くださる方を募集しております。

電子書籍作成チームとして関わりたい方

WEB記事の作成や、電子書籍の作成をしてみたい方を募集しております。

⑧参加している方の声

地球環境のために何か行動をしたいと思っていました。ボランティアなどで、NPO団体に足を運ぶことが多いので、記事を書いてオンラインでリモートワークができるこの活動を楽しんでいます。
— 40代 女性
パソコン作業が得意なので、本業以外にも何か役立てられたらと思っていました。いろいろな人が書いた記事をまとめて販売する流れを勉強しながら活動に参加しています。
— 30代 女性

⑨アースデイ倶楽部に参加する

参加や寄付について、またアースデイ倶楽部全般についての ご相談、ご質問はこちらからご連絡くださいませ。

お問い合わせはこちら