HOME » インタビュー » 1000人の祈りProject


1000人の祈りProject

category : インタビュー 2012.12.23

~1000人から70億人に繋ぐ 今、日本から世界へ~ 〈1000人の祈りプロジェクト〉大合唱
インタビュー Ken Katayama

音楽家としてできることを、社会に還元したいという想いを持ち、2011.3.11以降 東日本大震災復興支援に〈1000人の祈りプロジェクト〉を企画。 合唱参加者を募集し自作の曲「祈り」をレコーディング、メジャーレーベルより CD化。各地にて「1000人の祈りチャリティーコンサート」を行うケン カタヤマさんにお話を伺いました。

ken-4

〈1000人の祈りプロジェクト〉の内容は?

KEN:このプロジェクトのチャリティー活動は、急に始まった事ではなく、 2003年から『愛From JAPAN』を立ち上げて、《世界中の恵まれない子ども達へ》という主旨で著名なアーティストやパフォーマーを集めてコンサートを行い、収益金を寄付する活動です。

震災後、何かできないか?と考え、『合唱参加』という初の試みを、行いました。 2011年の10月に東京・大阪・名古屋でレコーディングを行いましたが、1000人に達成することができず、2012年2月発売予定を延期しました。

更に合唱参加者募集をかけ、東京・小牧で2012年1月にレコーディング。

 

ken-2

 

1000人を達成し、メジャーレーベル、日本コロムビア(株)より2012年6月20日に発売が決定しました。
参加者やご自身の感想はいかがですか?

KEN:まずは、支援したいと思っていても、「日頃忙しくて現地には行けない人」 「どうやって支援していいのか、わからない人」がいると思います。具体的に言うと、学生。 小・中・高校生達です。

多少の寄付ができるとは、思いますが・・それよりも気持ちがあっても、どうしていいかわからない、気持ちを何かで、表したい子ども達がたくさんいて、皆この合唱に参加してくれて『現地に行かなくても、合唱に参加し、復興の応援ができて良かった。』と喜んでくれた事が、このプロジェクトを進めて本当に良かった、有意義だったと思うところです。

この「祈りチャリティーコンサート」後、皆さんから「歌い続けたい」という声が出て、合唱団を結成しました。

各地のコンサート会場に、有志の方々が駆けつけて歌い続けています。
いつか、全国から一同に会して大合唱したいですね。

 

ken-5

 

以下、本誌に続く

Copyright(c) 2013 Lifestyle Revolution School All Rights Reserved.